みずほ銀行カードローン 増額

みずほ銀行カードローン増額の危険性とは?

みずほ銀行カードローンは、専業主婦の利用も認めるなど、女性に人気のカードローンということができます。

 

パート勤務の主婦はもちろん、専業主婦の利用もありますので、一般に「審査がゆるそうな」カードローンという印象があります。

 

しかし、みずほ銀行カードローンの増額審査については、新規申込みとは異なりますので、十分注意して希望を出す必要があります。

 

 

まず、みずほ銀行カードローンの増額審査は、1から限度額を決めなおす手続きになります。

 

1から限度額を決めなおすということは、「限度額が減る場合もある」ということを意味しています。

 

申込時から現在までの間に、他社のローン残高が増えていたり、あるいは、何らかの支払いに遅れが生じていた場合、増額が認められないばかりか、限度額が減ってしまうこともあります。

 

どうしてもみずほ銀行の増額審査を受けるときは、このようなリスクを承知した上で申し込まなければなりません。

 

 

このような増額審査の問題がありますので、一般には、増額の希望をせずに別会社に申込む方法で限度額を増やしています。

 

別会社のカードローンへの申込みなら、現在の限度額は保証されますので、「最悪でも現状維持」という状態で増額にチャレンジできます。

 

消費者金融のローンに申込む場合でも、みずほ銀行の残高は、総量規制に影響しませんので、新たに年収の3分の1までの融資が見込めます。

 

このようにカードローンの増額には危険をともないますので、別会社への申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。